石垣島シュノーケリング予約
ダイビング問合せ
ダイビング予約
  • 石垣島でやりたい事
  • 石垣島アクティビティ別
  • 石垣島ダイビングショップ
  • 石垣島ダイビング割引
  • 石垣島ダイビング質問

石垣島ダイビング日記石垣島よりサンフィッシュ石垣島のスタッフがお届け♪

ウミガメの一生(^^)

2020年5月28日

営業再開についてのお知らせ

 

営業再開についてのお知らせを載せています!

↑↑↑をタップしてご覧ください。

 

 

今日は先日のアオウミガメのお話の続きとして、ウミガメの産卵から大人になるまでのお話を

していきたいと思います。(前回はこちら)

 

 

■なぜ陸で産卵するの?

ウミガメの先祖は陸で生活していました。

そのためエラ呼吸ができません。肺呼吸をしています。

卵も同様に水中で呼吸ができなくて死んでしまうため

水中で生活するようになった今でも

産卵は陸で行われます。

 

■時期は?毎年産むの?

5~8月に産卵します。一度に100個程の卵を産み2週間おきに2~4回産卵をします。

しかし、毎年産むわけではなくて2~4年の間隔で行われます。

 

■産卵中に泣いている?

「ウミガメが産卵中に涙を流す」なんて話を聞いたことはありませんか?

実際、産卵中のメスは涙を流しているように見えます。

これは産卵の痛みで泣いているわけではなくて、水中でウミガメの口に入る海水は

体液の三倍の塩分濃度で、とても濃いです。

体液を一定の塩分濃度にしないと死んでしまいます。

そのため、体内で海水をろ過して涙腺に似ている器官から排出しています。

これが陸で涙を流しているように見えているのです!

 

■卵について

産まれて12時間ほどすると、胚といって体になる部分が出来始めます。

胚が出来てから卵を動かして天地を変えてしまうと、成長できなくなり死んでしまいます。

卵を見つけても絶対に動かしてはダメです!

性別は温度によって決まり、29℃を境に高いとメス、低いとオスになります。

 

■孵化について

約二か月後に孵化します。

子ガメは海の方が明るく見えていて、産まれたらそれを頼りに産みへと移動していきます。

この時に、外敵などに襲われてしまう事が(:_;)

モアナと伝説の海のシーンでもありましたね!

 

■孵化後について

海まで辿り着いたら、約二日間食事をせずにひたすら沖に向かって泳いでいきます。

外洋の藻に隠れながら成長していくのですが、この先の生活が未だに謎に満ちていて

日々、研究が進められています。

40cmほどになると、沿岸に近づき私たちに姿を見せてくれるようになります。

 

 

■成長

沿岸生活では一年間に約2cmほど成長し、大体90cmになると

性成熟といって、大人の仲間入りに!

大人になるまで25年ほどかかるそうで、その後はほとんど成長することはありません。

 

 

ダイビングやシュノーケルで見ているウミガメ。

生存確率は5000分の一と言われていて

沿岸生活をするまでに10年ほどかかるので、過酷な環境を

生き抜いてきた生命力のとても強い子たちなのです!!

 

 

なんだか〆方がわからなくなってしまったので

最後にアオウミガメの写真で終わりたいと思います(*´ω`*)笑


コメントを書く







コメント内容


写真がアップできます (JPG のみ)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ダイビング日記/カレンダー

2020年7月
« 6月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031