石垣島シュノーケリング予約
ダイビング問合せ
ダイビング予約
  • 石垣島でやりたい事
  • 石垣島アクティビティ別
  • 石垣島ダイビングショップ
  • 石垣島ダイビング割引
  • 石垣島ダイビング質問

石垣島ダイビング日記石垣島よりサンフィッシュ石垣島のスタッフがお届け♪

ヤドカリさん✌︎👀

2020年6月1日

 

6月に突入しました!

この前、石垣島の体感温度がなんと!

40度だったんです!夏ですね😂

恐ろしい(O_O)

湿度も高く、日差しも強いのでマスクつけて行動している今は特に水分補給をしっかりしないといけないですね。

 

それでは、今日は石垣島のヤドカリ!

ムラサキオカヤドカリについてご紹介です!

 

石垣島のビーチに行くと小さなヤドカリがちょこちょこ歩き回っているのを目にします。

実は、オカヤドカリという種類で天然記念物なんです!

ですが、厳格に保護するほど少ないわけではないので、業者保護の目的で一部地域の指定業者に限り量を限定して捕獲するのは認められているのです。観賞魚販売業者を通じてペットとして購入する事ができます。

しかし、旅行者などが直接採取してしまうと「文化財保護法」で違法行為になってしまいます😓

沢山いる生き物だからこそ、知っていないと気付かないのかもしれません。

 

 

 

ムラサキオカヤドカリは大きくなる種類で成長するにつれてムラサキ色をしてきます。

☝️上の写真の子は小さくまだクリーム色をしていました。

ツメは左が大きく、右は小さいのです。

大きなツメでご飯を食べたり外敵と戦ったりします!

☝️上の写真ですが140㎝程の高さのところにいました。

 

オカヤドカリの種類は熱帯に生息し、よくスコールが降ります。オカヤドカリはスコールを嫌い高いところに登る性質があるのです。

湿り気がある方が行動が活発になり、乾燥すると動かなくなってしまいます。

 

実はオカヤドカリの種類もゴミ問題で影響を受けている生物の一つなんです。

オカヤドカリは成長する過程で宿貝を変えていきます。その時にペットボトルの蓋などを間違って宿主にしてしまう個体もいるのです。

自分で宿貝を削って心地よくし、ミネラル補給の為に背負っている貝殻を食べたりするんです。

いつも、貝殻を背負ったオカヤドカリしか見ていないですが、実はその中にもプラスチック等を背負ったオカヤドカリがいるかもしれません。

 

 

 

石垣島の天然記念物を守る為に石垣島に観光に来た際には少しでも目を向けてもらえたらと思います。

 

それでは、今日はここまで!


コメントを書く







コメント内容


写真がアップできます (JPG のみ)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)