石垣島でウミガメに会えるって本当?ウミガメの生態や出会うためのコツを紹介

石垣島でウミガメに会えるかも?

石垣島には様々な観光スポットがあり、綺麗なビーチもたくさんあります。

それだけでなく、石垣島にはウミガメと一緒に泳げるスポットも存在しているのです。

どれくらいの確率でウミガメに会えるの?

ダイビングやシュノーケリングで会うにはどうすればいいの?

など石垣島のウミガメについて疑問がある方も多いと思います。

この記事では、石垣島で出会えるウミガメの種類や生態、出会うためのコツについて詳しく解説していきます。

私の実体験や現地情報を元に書いています。

サンフィッシュ石垣島代表 浜 佑介
浜 佑介(はまちゃん)
  • 年間300日以上石垣島の海を案内しています
  • 石垣島ガイド歴16年 PADI インストラクター
  • 初心者のガイド累計10000人以上!
  • 石垣島初の初心者専門マリンサービス経営

石垣島体験ダイビングの人気No1プランはこれ!

【幻の島上陸&体験ダイビング&ウミガメシュノーケリング】

のプレミアムプラン!

1日で石垣島の海を満喫き、累計参加者数25000人以上!

撮影データ無料プレゼントキャンペーン中

\ ツアーの内容、料金を知りたい方はこちら /

\ 他のツアーも知りたい方はこちら /

石垣島シュノーケリングの人気No1プランはこれ!

【幻の島上陸&石西礁湖&ウミガメシュノーケリング】

のプレミアムプラン!

1日でサンゴ畑やウミガメポイントを満喫できる、大人気のコースです。

撮影データ無料プレゼント中

\ツアーの内容、料金を知りたい方はこちら/

\ 他のツアーも知りたい方はこちら /

目次

石垣島で出会えるウミガメの種類

石垣島のウミガメ事情

石垣島で出会えるウミガメは、大きく分けると3種類います。

石垣島で出会えるウミガメ
  • アオウミガメ
  • タイマイ
  • アカウミガメ

以下、それぞれのウミガメの特徴について詳しく見ていきましょう。

アオウミガメ

アオウミガメは頭が丸く、シュッとした顔立ちが特徴的です。

甲羅は滑らかな円形をしていますので、見かければすぐにわかります。

アオウミガメは成長すると100センチほどにもなり、世界的に見ても大きなサイズのウミガメです。

石垣島では一番生息数の多いウミガメで、ウミガメの9割はこの種類です。

アオウミガメと聞いて

「甲羅が青いのかな?」


と考える方もいると思いますが、アオウミガメの甲羅は赤茶色もしくは黒っぽい色をしています。

ではなぜアオウミガメと呼ばれているのでしょうか。

それは、体内の脂肪の色が青っぽい色をしているからです。

アオウミガメは草食性であり、基本的には海藻類をエサとしています。

タイマイ

タイマイは石垣島には少ないウミガメの種類です。

タイマイというのは、アオウミガメよりも少し小さなウミガメです。

甲羅は黄色や黒褐色のモザイク模様で、緑色のギザギザした甲羅を持っています。

べっ甲をご存じの方も多いと思いますが、このべっ甲の原料になる甲羅を持っているのがタイマイです。

タイマイは、

・ガレキサンゴ

・カイメン

・クラゲ

などを食べることが多いです。

石垣島でもタイマイを見られますが、頻繁に見られるわけではなく、比較的レア度が高いと言えます。

アカウミガメ

アカウミガメは、大きな頭が特徴的なウミガメです。

顎がかなり発達していて、甲殻類貝なども殻ごと食べてしまいます。

こう聞いて、

肉食の生物なのかな?

と思う方がいるかもしれませんが、海藻なども食べますので雑食の生物ということになります。

名前からもイメージできるように、アカウミガメは甲羅全体が赤色をしていて、成長すると甲羅が70センチから100センチ前後になるのです。

アカウミガメは石垣島にも生息しているのですが、会える機会が比較的少なく、希少性がかなり高いと言えます。

ウミガメの生態について

では次に、ウミガメの生態について詳しく見ていきましょう。

産卵

ウミガメの産卵

ウミガメは、2年から4年に1度のペースで産卵をします。

ウミガメって1回で何個の卵を産むの??

はまちゃん

ウミガメは1回の産卵で100個以上の卵を産みます。

とはいえ、全ての卵が孵化するというわけではありません。

  • 気温
  • 湿度
  • 砂の塩分濃度

など、環境がしっかり整っていないと発育途中で死んでしまうのです。

また、孵化してからは自力で海に向かって歩いていくのですが、このタイミングでカニや鳥に食べられてしまうこともあります。

ウミガメの産卵は、4月後半から10月がシーズンとなっていて、石垣島でも産卵を見られます。

興味がある方はこのタイミングを狙って訪れてみることをおすすめします。

呼吸法

「ウミガメはエラ呼吸だ」

そう思っている方もいると思いますが、実はウミガメは我々と同じで「肺呼吸」です。

長時間海の中にいますので、一見エラ呼吸のように思えますが、定期的に海面に上がって呼吸をしています。

とはいえ、我々とは違って1時間から3時間は息継ぎなしで海の中に潜っていられますので、非常に優れた能力を持つ生物と言えます。

手足の形

ウミガメは基本的に海の中で生活をしているため、体のつくりも泳ぐことに特化しています。

手足も甲羅から横に向かって生えていますので、スイスイ泳ぐことができるのです。

一方、リクガメは泳ぐことがほとんどないため、ウミガメとは違って手足が甲羅から真下に向かって伸びています。

写真などで比較してみるとわかりやすいですが、リクガメとウミガメは手足の形に大きな違いがあります。

もっとウミガメの生態を知りたい方にオススメの施設

石垣島から船で30分

黒島という島にウミガメの研究施設「黒島研究所」があります。

黒島研究所の営業情報

・開館時間 午前9時~午後6時 (10月から3月までは午後5時まで)
・年中無休
・入館料 500円

黒島に住む生物や民具の紹介なども行っていますが、ウミガメの飼育も行っています。

赤ちゃんカメが間近で見られる数少ない施設です。

誰でも入れる施設なので、ウミガメが好きな人にはオススメです!

\ ウミガメの研究施設 /

ウミガメは石垣島のどこにいるの?

では次に、ウミガメと出会える石垣島のスポットをいくつか紹介していきます。

大崎ビーチ

大崎ビーチは、言わずと知れたウミガメ鑑賞スポットです。

浅瀬にたくさんのサンゴがあり、シュノーケリングやダイビングなども楽しめます。

また、島が防波堤の役割をしてくれますので、風が強い時でも安心してシュノーケリングやダイビングを行えます。

市街地から船で20分前後。

ウミガメを見るなら外せないスポットです。

何と言っても遭遇率の高さは90%以上!

どこのポイントよりも高確率でウミガメを見ることができます。

石西礁湖

石西礁湖の美しいサンゴたち

石垣島と西表島の間にある「石西礁湖」も、ウミガメが見られるスポットして有名です。

このエリアには、360種類を超えるサンゴが生息しています。

普段では見られないような景色を見たいと考えている方にもおすすめできます。

また、数千~数万種類の熱帯魚が生息しているポイントでもありますので、

「たくさんの魚と一緒に泳ぎたい」

と考えている方にも最適です。

浜島(幻の島)

幻の島全景

白い砂浜とエメラルドグリーンの海が特徴的な浜島。

ここでもウミガメと出会えることがあります。

このエリアはウミガメと泳ぐことはできませんが、移動中にウミガメが泳いでいる姿を見ることができます。

水深が1m前後とかなり浅いので、船の上からでもはっきりと見ることができます。

石垣島からは船で20分ほどですが定期船がありませんので、ツアーに参加しなければ上陸することはできません。

米原ビーチ

米原ビーチ

米原ビーチは、島民からも人気を集めているビーチです。

エントリー後すぐにサンゴ礁があり、そこから少し奥に行くとサンゴ礁が重なって見える「Wリーフ」が見られます。

ウミガメの遭遇率もかなり高いのですが、Wリーフ周辺には流れがかなり早いポイントもありますので、ツアーに参加してシュノーケリングを行うことをおすすめします。

ウミガメとの遭遇率を上げるためにはどうすればいい?

石垣島でウミガメとダイビング

石垣島には様々なウミガメが生息していて、ウミガメと一緒に泳いだり、写真を撮ったりできる場合もあります。

ただ、ウミガメも生き物ですので、100%見られる!と断言はできません。

ここではウミガメの遭遇率、遭遇率を高める方法を解説します。

ウミガメとの遭遇率は90%以上!

自然の生物なので、100%見られない。とは言いましたが、それでも90%はかなりの高確率です。

ただ、全てのショップ、全てのコースでウミガメを見ることができるわけではありません。

ウミガメと泳ぐコースを専門にしているお店もあれば、ウミガメのポイントにはたまにしか行かない。というお店もあります。

ウミガメの遭遇率を極限まで高めたければ、そういったウミガメと泳げるコースがあるお店がおすすめです。

\ ウミガメと泳げるコース盛り沢山! /

ダイビングとシュノーケリングどっちが遭遇率高い?

石垣島でウミガメと体験ダイビング

どちらも遭遇率は90%以上ですが、若干シュノーケリングのほうが遭遇率が高いです。

と言うのも、シュノーケリングのほうが広範囲にウミガメを探すことができるからです。

ダイビングとシュノーケリングでは移動できる範囲が倍以上違います。

少しでもウミガメの遭遇率を上げたい人はシュノーケリングのほうがオススメです。

石垣島シュノーケリングの人気No1プランはこれ!

【幻の島上陸&石西礁湖&ウミガメシュノーケリング】

のプレミアムプラン!

1日でサンゴ畑やウミガメポイントを満喫できる、大人気のコースです。

撮影データ無料プレゼント中

\ツアーの内容、料金を知りたい方はこちら/

\ 他のツアーも知りたい方はこちら /

泳げない人でもウミガメに会える

ウミガメには会いたいけど、泳げないから諦めます・・・

はまちゃん

泳げなくてもウミガメに会えますよ!

体験ダイビングやシュノーケリングは泳げない方でも参加することができます。

泳げない方も毎日のように起こしになります。

泳げないから・・・と諦めずに、是非チャレンジしてみて下さい!

インストラクターが全てサポートしてくれるので、安心して参加できるはずです。

\ 泳げなくてもできる理由を知りたい方はこちら /

\ インストラクターのサポートについて知りたい方はこちら /

まとめ

石垣島でウミガメとシュノーケリング

石垣島には住むウミガメは、浅瀬にいることも多く、石垣島でのシュノーケリングやダイビング中に出会うことができます。

ただ、「どこでも気軽に見られる」というわけではありませんので注意してください。

ウミガメはお気に入りの場所があり、基本的にはそこで休憩をしています。

その場所はガイドでなければ知りません。

ウミガメに会いたい!と言う人は是非ウミガメツアーに参加して見てください。

石垣島体験ダイビングの人気No1プランはこれ!

【幻の島上陸&体験ダイビング&ウミガメシュノーケリング】

のプレミアムプラン!

1日で石垣島の海を満喫き、累計参加者数25000人以上!

撮影データ無料プレゼントキャンペーン中

\ ツアーの内容、料金を知りたい方はこちら /

\ 他のツアーも知りたい方はこちら /

石垣島シュノーケリングの人気No1プランはこれ!

【幻の島上陸&石西礁湖&ウミガメシュノーケリング】

のプレミアムプラン!

1日でサンゴ畑やウミガメポイントを満喫できる、大人気のコースです。

撮影データ無料プレゼント中

\ツアーの内容、料金を知りたい方はこちら/

\ 他のツアーも知りたい方はこちら /

\ 直近1週間の人気記事一覧 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

まったりのんびりとした性格で、ダイビングも同じくまったりのんびりが信条です。初心者の方や体験ダイビングの方も一緒にまったりのんびりダイビングを楽しみましょう~(∩´∀`)∩

普段は海づくしの生活ですが、休みの日は美味しいお店を求めて石垣島をふらふら~♪ 特に甘い物には目がないので、ご飯を食べた後は必ずデザート!おかげで順調にお腹が育って来ているのが最近の悩みです(´;ω;`)

★PADIインストラクター、小型船舶免許1級、潜水士

目次