石垣島冬旅行の永久保存版!服装、天気は?知って得する楽しむ秘訣【12月、1月、2月】

石垣島といえば青い海、白い砂浜、南国のリゾート地を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

ほかにも、ハイシーズンである夏の時期は混雑したり、旅費がかかったりと懸念する声も上がります。

そこで、冬の石垣島旅行について知りたい情報をすべてまとめました。

石垣島の冬ならではの楽しみ方や、冬でもマリンアクティビティが楽しめる季節です。

平均気温や降水傾向、寒さのピーク、適切な服装など、冬の石垣島を快適に過ごすポイントを紹介します。

さらに、体験ダイビングやシュノーケリングなど、冬ならではの楽しみもお伝えします。

冬の石垣島は海外みたいな南国リゾート地と変わらないの?

冬の時期でも本当に海で遊べるの?

この記事でわかること
  • 石垣島を冬に旅行する魅力
  • 知っておきたい冬のアクティビティ
  • 冬におすすめの服装

マリンサービスサンフィッシュ石垣島」を運営する私「浜 佑介」は、石垣島歴16年のダイビングインストラクターです

ダイビング、シュノーケリングの知識だけでなく、石垣島や沖縄の様々な情報に精通しています。

サンフィッシュ石垣島代表 浜 佑介
浜 佑介
目次

石垣島の冬の魅力

様々な表情を楽しめる「米子焼工房 シーサー農園」

石垣島の閑散期である冬は、本土に比べると温暖な気候と観光客が少ないことが魅力です。

冬に訪れると、美しいビーチや観光スポットをゆったりと楽しめます。

それぞれ順番に見ていきましょう。

旅行費用が1年の中で最も安くなる

冬の石垣島への旅行は、財布にも優しい魅力がたくさんあります。

旅行費用は一年の中で最も安くなる時期として知られており、航空運賃もお得になります。

たとえば、東京(成田)から石垣島までのLCC(格安航空会社)を利用すれば、片道1万円以下で渡航が可能です。

さらに、冬の石垣島は観光客が少ないため、人気スポットをゆっくりと楽しめるでしょう。

美しいビーチやダイビングスポット、文化や歴史を感じる場所など、冬ならではの魅力を存分に堪能できます。

ぜひ、冬の旅行を計画して、お得に石垣島を楽しみましょう。

国内格安航空券・LCCの比較・予約なら【トラベリスト】

沖縄や石垣島への格安航空券を探す時はいつもここ。

【トラベリスト】なら、わざわざ各航空会社のページを見に行かなくてOK!

日程と空港を入力すれば最安値が表示されます!

旅行会社とホテルのパックツアーよりも安い場合があるので、旅行計画段階で一度チェックしてみましょう!

\ 最安値をチェックしたい方はこちら! /

観光スポットを独り占めできる

石垣島の冬には、人気スポットを独占できる点が魅力。

たとえば、川平湾は、観光客が賑わう日本百景の一つであり、美しい景色を堪能できます。

有名な観光スポットも冬になれば、静かでゆっくりと青い海を望みながら写真撮影を楽しめます。

また、広大な水平線や美しい海が広がる平久保崎灯台も、冬ならではの静けさを満喫できるでしょう。

これらの絶景スポットでの写真撮影は、思い出に残る一枚を残す絶好のチャンスです。

石垣島には、ほかにもたくさんの魅力的なスポットがあります。

人気スポットをゆったりと回り、贅沢な時間を過ごしましょう。

石垣島の冬の天で押さえておきたい3つのポイント

常夏のイメージのある石垣島ですが、実際に冬の石垣島がどのような気候なのかまとめました。

それぞれ順番に見ていきましょう。

1.石垣島の冬季の平均気温

石垣島の冬季は温暖な気候で過ごしやすい季節です。

以下の表に石垣島の平均気温をまとめました。

スクロールできます
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均気温(度)18.919.420.923.425.928.429.629.428.226.023.620.5
引用:[石垣島の平均気温|気象庁]

12月から2月にかけての平均気温は20度前後であり、快適な日々を過ごせます。

冬は曇りがちな日々が続くため、夏に比べると強い日差しは和らぎます。

そのため、真夏の強い日差しや暑さがどうしても苦手という方にとっては、冬の石垣島は快適で過ごしやすく、狙い目といえるでしょう。

常夏のイメージとは異なりますが、太陽の光が降り注ぎ、心地よい風が吹く日には、青い海や美しい自然を楽しめます。

また、冬の石垣島では北風による寒さがありますが、適切な服装や風除けアイテムを備えれば快適に過ごせます。

2.常夏のイメージとは違う冬の石垣島

石垣島は四季までの変化はなく、夏と冬の二季に近いイメージです。

特に冬季は、夏とは異なる季節感を体験できます。

日中は太陽が輝き、温かい日差しの中で半袖で過ごせるほどの暖かさを感じます。

しかし、朝晩は冷え込むため、軽いジャケットや暖かいインナーを準備しておくと快適に過ごせるでしょう。

石垣島の冬は、夏とは異なる景色や雰囲気を楽しめます。

ビーチや海岸に行くと、静けさと穏やかさが広がり、夏の賑わいとは一線を画し、のんびりとした時間を過ごせます。

真夏の観光シーズンの賑わいとは正反対の、ゆっくりとした時間を過ごしたい方にはぴったりの季節です。

3.寒さのピークと体感温度

石垣島の寒さのピークは、1月です。

1月は最低気温が16度となり、肌寒さを感じることがあります。

しかし、石垣島の冬の寒さは気温だけで判断できません。

北風が吹くと体感温度はさらに下がり、マイナス5度以上に感じることもあります。

寒さに備えて適切な服装と防寒対策が必要です。

アロハシャツ1枚で遊びに出かけたら思った以上に寒くて1日中震えていた、なんてことも。

10度以上あるとはいえ、しっかりと寒さ対策をしましょう。

冬の石垣島を快適に過ごす3つのポイント

実際に旅行で快適に過ごすために、以下の3つのポイントを紹介します。

荷物を最小限にしたり、旅行先であまり必要ないものを買い足したりしないためにもぜひご覧ください。

1.寒さ対策におすすめの服装とアイテム

石垣島の冬は比較的温暖ですが、寒さ対策が必要です。

太陽が出ているときと出ていないときはかなり気温差があるため、脱ぎ着しやすい服装を選ぶことがポイント

厚手のダウンジャケットなどは必要ありませんが、軽いジャケットやパーカー、長袖のシャツなどが役立ちます。

朝晩は肌寒くなることがありますが、昼間は太陽の光が暖かく感じられます。

一日を通して快適に過ごすために、脱いだり着たりしやすい服装を選んで調節しましょう。

【服装の例】
脱ぎ着しやすい服装:軽いジャケット、パーカー、長袖シャツ

2.北風対策にはアウター必須

冬の石垣島では北風に注意しましょう。

北風が吹くことが多く、寒さを感じることがあります。

特に風の強い日には体感温度がマイナス5度以上になることがあり、寒さ対策が必要です。

寒さから身を守るためには、ウィンドブレーカーやパーカーがおすすめ

石垣島はパーカーで十分!

風を通さず保温性のある素材で作られているため、寒風を防ぎながらも動きやすさも確保できます。

軽量でコンパクトに持ち運べるので、旅行の際にも便利です。

防寒対策をしっかりとして、寒さから身を守りながら観光やアクティビティを楽しみましょう。

【服装の例】
アウター:ウィンドブレーカー、パーカー

3.日中は半袖でも過ごせるときもある

冬の石垣島では、日中に太陽が出ているときや風が穏やかな日には半袖で過ごすこともあります。

暖かい日中の陽気に包まれると、心地よい風を感じながら散策やアクティビティを楽しめます。

日中の時間帯は気温が上昇し、汗ばむほどの陽気になることも。

このような日には、半袖や薄手の服装で快適に過ごせます。

ただし、朝晩や雨が降ったりする日には気温が下がり、寒さを感じることがあるため、薄手の上着の持参がおすすめ。

冬の閑散期だからこそ、ゆったりと暖かい日を過ごせる石垣島はとても魅力的です。

石垣島の冬で楽しめる人気アクティビティ

石垣島でウミガメとシュノーケリング!

石垣島は豊かな自然に囲まれており、海も山もどちらも楽しむことができることで有名です。

なんと言っても冬でも石垣島では海に入って遊ぶことができるのが魅力。

他にも美味しい海の幸や、天然記念物の川を満喫するツアー、夜にはジャングルを探検したりと楽しいツアーがあります。

特におすすめのツアーを5つ紹介します。

それぞれ順番に見ていきましょう。

冬の澄んだ海を満喫できる、忘れられない思い出なら体験ダイビング

石垣島でウミガメと体験ダイビング


体験ダイビングは、初めての方でも専門のインストラクターの指導のもと、海の世界を楽しめるアクティビティです。

水中で息を潜め、美しい海の景色や海底の生物たちと出会えます。

冬の海でも、石垣島での体験ダイビングは特におすすめです。

なぜなら、冬は観光客が少なく、海の景色や生物たちを独占して楽しめるからです。

さらに、冬は石垣島の海の透明度がより一層高まる時期でもあります。

海水が澄み切っているため、ダイビング中に見ることができる海の景色や生物たちの美しさがより引き立ちます。

そして特に人気なのは、ウミガメと出会えることです。

石垣島のウミガメは人馴れしており、運が良ければ手が届きそうなほど近くで一緒に写真を撮ることもできます。

初めての方でも安心して参加できるので、ぜひ冬の石垣島で体験ダイビングを楽しんでみてください。

ウミガメシュノーケリング&体験ダイビングするならこれ!

【ウミガメシュノーケリング&体験ダイビングプラン】

午後から開催の半日プラン!

半日でサンゴ畑やウミガメポイントを満喫できる、大人気のコースです。

撮影データ無料プレゼント中!!

\ツアーの内容、料金を知りたい方はこちら/

\ 他のツアーも知りたい方はこちら /

まるで宝石のようなサンゴと熱帯魚たちを観察!シュノーケリング


石西礁湖は石垣島周辺にある美しいサンゴ礁エリアで、理想的なスポットです。

石西礁湖でのシュノーケリングでは、まるで宝石のようなカラフルなサンゴや熱帯魚たちを観察でき、初心者や子どもでも楽しめます。

透明度の高い海水の中で泳ぐことで、魚たちが一生懸命口を動かしてご飯を食べたり、さまざまな動きを間近で見ることができるでしょう。

特に初心者や子どもおすすめのポイントは、比較的浅いエリアで遊べることです。

浅瀬のため、恐怖感が少なく安心してシュノーケリングを楽しめます。

また、穏やかな波立ちや潮の流れも少ないため、安定した環境でのシュノーケリングが可能。

さらに、シュノーケリングのガイドやインストラクターが常駐していることも安心ポイントです。

初めての方や子どもには、ガイドの指導やサポートが受けられるため安心です。

石垣島シュノーケリングの人気No1プランはこれ!

【幻の島上陸&石西礁湖&ウミガメシュノーケリング】

のプレミアムプラン!

1日でサンゴ畑やウミガメポイントを満喫できる、大人気のコースです。

撮影データ無料プレゼント中

\ツアーの内容、料金を知りたい方はこちら/

\ 他のツアーも知りたい方はこちら /

自らの手で釣った魚を食べられる!大物釣りに挑戦

冬の石垣島でも楽しめるアクティビティの一つが、美しい海での釣り体験です。

大物釣りに挑戦し、自分で釣った魚を味わう贅沢な時間を過ごせます。

沖縄の三大高級魚の一つであるアカジンミーバイを狙えるのも、冬の魅力です。

大物釣り体験は、女性やお子様でも楽しめるのがポイント。

驚くほどの大物魚を釣り上げたときに、喜びを家族や友人と分かち合えるでしょう。

釣った魚は、地元の居酒屋で調理してくれます。

自分で釣った魚を使った料理は、格別の味わいがあり、一生の思い出になるはず。

冬ならではの穏やかな海で、大物釣りの興奮と美味しい食事を楽しみましょう。

マングローブカヤックでプチ冒険!天然記念物の宮良川

石垣島での冒険心をくすぐるアクティビティの一つが、マングローブカヤックです。

ガイドの説明に従えば転覆の心配もなく、冬の寒い日でも濡れることなく楽しめます。

ツアーでは、天然記念物の宮良川で美しいマングローブの森を探索。

カヤックに乗り込んで川を進むと、静かな水面と茂る緑に包まれた神秘的な景色が広がります。

マングローブの根や樹木に囲まれながら、豊かな自然を感じることができるでしょう。

自然保護区域である宮良川では、野生の生き物たちも観察できるかもしれません。

鳥のさえずりやマングローブの生態系に触れながら、非日常の冒険を体験しましょう。

石垣島の冬ならではの貴重な自然の一端に触れることができます。

亜熱帯のジャングルを夜に探検!ナイトツアー

冬の石垣島でのナイトツアーでは、亜熱帯のジャングルを探検する貴重な体験ができます。

特に注目すべきは、美しいヤエヤマアオガエルの産卵シーズンです。

冬になると、ヤエヤマアオガエルは木々や葉っぱの上で活動的になり、普段は隠れて見ることのできない姿を目にできるチャンス。

ほかにもナイトツアーでは、リュウキュウコノハズクやヤエヤマオオコウモリといった、さまざまな生き物にも出会えるでしょう。

夜の森に足を踏み入れると、ジュラシックパークを思わせるような植物の生い茂る風景に包まれます。

冬の石垣島ならではの特別なナイトツアーで、不思議で魅力的な自然の世界に触れてみませんか?

冬の石垣島旅行で忘れてはいけない持ち物リスト

冬の石垣島を楽しむための持ち物は、快適さと防寒対策がポイント。

ウィンドブレーカーやパーカーなどの風除けアウターは必須アイテムです。

ダウンほどの厚手のものは必要ありませんが、軽い防寒対策は北風が吹く寒い日は特に必要です。

石垣島の冬は日中は暖かいこともあり、重ね着で調整できる服装がおすすめです。

また、冬の石垣島でも紫外線は油断できません。

日焼け止めや帽子、サングラスなどの最低限のUV対策グッズを忘れずに持参しましょう。

海やアウトドアで楽しむ場合は、動きやすい服装と適切な靴も重要です。

持ち物を準備して、冬の石垣島を心地よく楽しみましょう。

【持ち物リスト】
・風除けアウター:ウィンドブレーカーやパーカー
・UV対策グッズ:日焼け止めや帽子、サングラス
・動きやすい服装
・ビーチサンダル(マリンアクティビティをする場合)

・風除けアウター

冬の石垣島旅行を早めに計画して人気スポットを楽しむ方法

冬の石垣島を訪れる際には、ツアーショップや飲食店の営業状況に注意しましょう。

一部のツアーショップは冬季休業に入ることがあり、事前確認が重要です。

閑散期であるため、飲食店も不定期にお店を閉めている場合があります。

石垣島は一年を通して魅力的な観光スポットがたくさんありますが、冬は観光客が比較的少ないため、営業時間や休業日が変更されることがあることを覚えておきましょう。

まとめ

「石垣島冬旅行の永久保存版!服装、天気は?知って得する成功の秘訣【12月、1月、2月】」はいかがだったでしょうか。

気温や天候、服装のポイント、おすすめアクティビティなど、冬の石垣島を満喫するための情報を紹介しました。

冬でも温暖な気候で過ごせる石垣島は魅力で溢れています。

持ち物リストや営業情報もチェックして、素晴らしい冬の石垣島旅行を計画してくださいね。

\ 直近1週間の人気記事一覧 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次